サステナブル生地

「再生ポリウレタン」とは?合成皮革の端材から生まれ廃棄を削減するサステナブルな生地

2021/09/09 (更新日:2021/11/29)

レザー素材のように高級感がありながら、安価で手軽に扱える「再生ポリウレタン」。上質な見た目や、肌なじみの良さに加え、機能性にも優れていることから、日常使いの雑貨アイテムにも最適です。

再生ポリウレタンとは、捨てるはずの合成皮革の端材を集めて分解し、原料として再利用して作られるリサイクル生地のこと。製造工程において動物由来の天然皮革を使う必要がないため、自然に暮らす動物の生態や環境を守り、SDGsの目標にも貢献できる素材です。

今回は、再生ポリウレタンを使うことで地球環境にもたらす好影響や、素材を活用した製品が生まれるまでの流れを紹介していきます。

1.上品な質感で使いやすい。再生ポリウレタンの特徴

再生ポリウレタンの原料として用いられる「合成皮革」とは、織り生地や不織布などを基に、その上に合成樹脂をコーティングし、手触りや見た目を天然皮革に近づけた人工的な生地のことです。「フェイクレザー」「ヴィーガンレザー」「PUレザー」など、さまざまな呼び方で使われています。

では、そんな合成皮革の端材から作られる再生ポリウレタンは、どのような特性があるのでしょうか。

上品さと柔軟性を兼ね備え、身近なアイテムに活用

柔軟性、弾力性があるため、ポーチや財布など、伸縮性が求められる身の回りの小物の製品化に適しています。また天然皮革に近い質感なので仕上がりに高級感があり、ジャケットやバッグなど、上品さを演出したいファッションアイテムにも重宝します。

撥水性バツグン!雨も汚れも気にせず使えるグッズに

再生ポリウレタンは、定期的にクリームを塗るなど、こまめな手入れが必要な天然皮革とは異なり、メンテナンスの手間がかからないのも利点のひとつ。

また、天然皮革は水濡れによってシミができやすいため、雨天時の使用には気を遣うこともあるでしょう。再生ポリウレタンは撥水性に優れているため、通勤・通学時などを想定したトートバッグやリュックなどの製品化にも最適。水濡れを気にすることなく使える、利便性の高さもポイントです。さらに、多少の汚れであれば、絞った濡れタオルなどで水ぶきするだけで簡単に手入れが可能。ユーザーの使い心地も考えた製品づくりができるでしょう。

2.そもそも、ポリウレタンとポリエステルの違いって?

今回紹介する再生ポリウレタンの原料となる合成皮革は、表面に合成樹脂を塗布した人工素材。ここで登場するのが、化学繊維の中でも比較的メジャーな素材である「ポリウレタン」です。衣類に使われることの多い「ポリエステル」と同様に、日常生活でもよく耳にする素材ですが、そもそもポリウレタンとポリエステルの違いは、どのような部分にあるのでしょうか。

伸縮性や柔軟性の高いポリウレタンと、丈夫で耐久性に優れたポリエステル

ポリウレタンは、ウレタン素材が配合された化合物であり、伸縮性、柔軟性に優れているという点が特徴。タグなどで「PU」と表記されます。肌着やストレッチ素材のボトムなど、肌触りを重視した衣類などに使われます。また、前述の再生ポリウレタンの特徴からもわかるように、質感の良さから、合成皮革に使われる素材としても知られています。

一方のポリエステルは、石油を原料とした合成繊維で、「PE」と表記されます。ポリウレタンに比べて丈夫で、耐久性が高いという特徴があります。またシワになりにくく、型崩れが少ないため、手入れがしやすいという点もポイント。ワイシャツやスポーツ用のユニフォームなどの衣料品などに多く活用されています。

衣料品に用いられることが多いポリエステルとは異なり、ポリウレタンはその性質を活かしたスポンジや断熱材、防音材などにも多く活用されています。

ポリウレタンとポリエステル、マスクの効果の違いは?

マスクの感染症予防の効果については諸説ありますが、ポリエステルの場合、自身が吐き出す飛沫の広がりを防ぐことはある程度できるものの、吸い込む飛沫を防ぐという面では不織布マスクより劣るというのが一般的な見解です。

一方のポリウレタンは着け心地がよく、呼吸がしやすいものの、こちらも不織布などの素材に比べてウイルスの除去性能では劣るという説も。

日常的に用いるマスクにおいては、どのような素材のマスクであっても完全にウイルスを除去できるわけではありません。さまざまな感染症予防策の一環として、しっかりとマスクを着用したいものです。

3.再生ポリウレタンの生産工程とサステナブルなポイント

再生ポリウレタンの生産工程 作成:アイグッズ

生地に合成樹脂を塗って、触り心地や風合いを天然皮革に似せた合成皮革。天然皮革に比べてリーズナブルな価格で製造できることもあり、洋服やバッグ、靴などのファッションアイテムはもちろん、インテリアや雑貨といった多くの製品に使用されています。ただし、生地を切り落とした際に大量に出る端材が「廃棄物」として問題視されることも。

そこで、廃棄処分される端材をリサイクルし、有効に活用しようと開発されたのが、再生ポリウレタンです。環境に配慮したサステナブルな生地を使うことで、具体的には環境へどのような影響をもたらすのか、見ていきましょう。

廃棄を出さずにリサイクル。自然に優しいエコ素材

再生ポリウレタンを作るにあたって、まずは合成皮革の端材を集めます。その後、化学分解や熱分解により、原料に戻して生地を再生産。動物性のレザーを使った製品は使わず、合成皮革のみを原料として活用しているので、動物愛護や生態系の保護、環境保全への配慮などにもつながる、自然思いの生地と言えるというわけです。

また、新たに合成皮革を製造する必要がないため、合成皮革の製造工程で懸念される有害物質の発生を抑制するなど、環境への負荷を軽減。本来であれば、石油由来である合成皮革が廃棄される場合、生分解されず、マイクロプラスチックの増加による海洋汚染なども懸念されます。そこで、廃棄されるはずの余った合成皮革を使用し、再生ポリウレタンへと生まれ変わらせることで、廃棄による環境汚染を抑えることにもつながります。

GRSマークにより環境への配慮を証明。SDGsの「つかう責任」にも貢献

アイグッズでは、GSR(グローバル・リサイクルド・スタンダード)認証された生地を使って、グッズを作ることも可能です。GSRとは、製品のリサイクル含有物を検証し、環境配慮、適切な化学物質管理の実施など、社会的責任を果たした上で生産されているかを証明する国際的な基準です。

グッズを製作する際に、GRSマークがある生地を選択することは、SDGsの目標12「つくる責任」はもちろん、製品を使う人の「つかう責任」にも貢献できるサステナブルな取り組みといえるでしょう。

4.再生ポリウレタンのメリット・デメリットとは?

改めて、再生ポリウレタンを製品の素材として使用する上でのメリット、デメリットをまとめてみましょう。

天然皮革と比べた手頃な価格と使い心地の良さがメリット

見た目が天然皮革に近く、安価でありながら高級感のある製品が作れる再生ポリウレタン。弾力性と柔軟性に優れ、質感や使い心地の良さが特徴です。

また、再生ポリウレタンは軽量で扱いやすい点もポイント。天然皮革に比べて手入れをこまめに行う必要がないので、バッグやポーチ、手帳カバーなど、ハードユースのアイテムにもおすすめの生地です。弾力性、柔軟性の良さから、形にこだわった雑貨アイテムにも活用できますよ。

再生ポリウレタンのメリット

  • 天然皮革のような見た目
  • 価格がリーズナブル
  • 軽量
  • 弾力性や柔軟性に優れている
  • 手入れが楽

グッズを日常で使う上でのデメリットは、コーティングの経年劣化

日常的な使用に対する耐久性には優れている一方で、天然皮革のように経年によって味わいが増すエイジングを楽しむことはできません。むしろ、経年によってコーティングの劣化などが起きやすく、傷みが生じることもあることは事前にしっかりと理解しておきましょう。

また再生ポリウレタンは生地の在庫が少ないため、グッズの製造にはある程度の発注ロット数が必要となり、通常の合成生地に比べると単価が高くなります

さらに、再生ポリウレタンは原料が合成皮革の端材であるため、手にしたグッズを処分する際には注意が必要です。合成皮革は微生物の作用によって自然に分解される「生分解性」が低く、廃棄物の焼却処分によって環境に負荷がかかるという点を十分に認識しておく必要があります。

5.再生ポリウレタンにぴったりなおすすめグッズ

軽量で扱いやすさに長けている反面、傷みによる劣化には注意しなければならない再生ポリウレタン。こうしたメリットとデメリットを理解したうえで、グッズの生地として取り入れてみませんか。

柔軟性や耐久性に優れているため、ポーチや財布といった小物類に活用すれば、収納力や使い心地は抜群。また高級感を演出したいバッグにはもちろん、手入れも気軽にできるので、使用頻度が多く汚れやすいペンケースなどにも向いているでしょう。

6.必要以上に環境を破壊しない。再生ポリウレタンで地球にやさしいレザー風グッズづくりを

天然皮革と比べ安価でありながら、見た目や質感では遜色のない再生ポリウレタン。上品さがありながら、軽量で気軽に扱える機能性の良さも魅力です。

今後、合成皮革を使った製品づくりを行う企業においても、自社で発生する端材を有効に活用し、新たなエコグッズとして生まれ変わらせる動きが広まっていくことでしょう。

アイグッズでは、自社製品の製造工程で出る端材なども有効活用しながら、再生ポリウレタンを製造。特性を熟知したうえで、機能性やデザイン性がともに優れたグッズを生産することを可能にしています。自社の製品を通してモノの循環を生み出すことで、環境を守る製品づくりを始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

※コメントは管理者の承認後に掲載されます。